Home > Tags > 第17回手児奈まつり

第17回手児奈まつり

繋がり。

今年も手児奈まつりを行います。
10/10(日)です。
第17回です。

先日、実行委員会があったのだが、体調不良、スーパー下痢クソンの為欠席した。
多分、いつもの通り顔合わせで終わったのだと思われる。
そして、この先の実行委員会も同じように進んで終わり、祭りに突入となるであろう。

それじゃ、つまらないんだよね。
地元を牛耳ってるであろう老人たちがデカイ顔してるだけで、すげーつまんないだよね。
全く聞く耳持たないからね。
だからといって、何か対抗できる訳ではない。
そこが、むずがゆい所。

あのメンバーの中では、一応デジタルな事が一番得意であろうな私。
その得意分野を使い、実行委員会とは違うアプローチで手児奈まつりを盛り上げていこうと取り組んでいる。
まだ、始めたばかりなので何も成果はありませんが、なにか動きがあればここに書くと思います。

折角ドメインを取りHPを持っているのだから活用しないともったいないですよね。
でも、管理してるのがお坊さん達なので、激務の中まつりのHPを管理をするのは大変。
さらに、周辺の商店街の人たち、じい様たちは、ITとまったくかけ離れてるからね(笑)
そんなじい様たちも取り込んで、
手児奈まつりHPと商店街が美うまく繋がる仕組みが出来れば新しい手児奈まつりが生まれるんだよね。
地域活性化にもなるし、弘法寺での他の行事にも活かせると考えます。
それが気軽にできる基盤がちょろちょろ出てきたと思うんだよ。

あと、まつりの様子をビデオ撮影や写真撮影してるけど外部に情報としてでてないのも問題かな。
まつりのまとめビデオは反省会で上映され、実行委員は見る事は出来るけどまるりの参加者は見れないんだよね。
Youtubeに載せたこともあるが、リンクなどうまく活かされていない。
開かれてそうで開かれてないのが手児奈まつりなんです。
ってか、まつりなんてどこでもそうなのかな。

人との繋がりを重視するのがお祭りだと思うのよ、わたくし。
オイラの妄想する事が出来たら、今までとは違った形で手児奈まつりを盛り上げられると思うんですよ。
もうちょっと若い目線でバックアップ出来るかなって。
若いといっても40になっちゃうけど(笑)

女神輿を担ぐ、ハイハイレースに出る、フリーマーケットに参加する、
だけじゃない、来た人みんなが楽しめる祭りを目指したいよね。


Share

IT的なソーシャル的な感じ。

今年も手児奈まつりが行われますよ。
10月10日ですよ。
女子な皆さん、お神輿担いでくだされ。

って事で、思いついてる事が沢山あるので勝手にやっちゃお。
えへ。


Share

Home > Tags > 第17回手児奈まつり

Search
Feeds
Meta
カウンター
カウンター
2001.06.19 open
zenback
あわせて読みたい
あわせて読みたい
Last-fm

Return to page top