Home > Tags > Carl Zeiss

Carl Zeiss

Carl Zeiss というレンズ。

レンズなに使ってるの?って聞かれたらツァイス!って言いたいから買ったといっても過言ではない。
なにか特別な思い入れとかあるわけでもなく、ただただツァイスと言いたいだけなのだ(笑)
特別な思い入れとかないと言いつつ、プラナー50mmとディスダゴン21mmを購入してしまうアホでもある。

60Dの時はシグマの30mm F1.4 EX DCという最高なレンズがあったので、5Dmk3にもそれに匹敵するレンズが欲しかった。
でもLレンズは高いし、撒き餌レンズではインパクトがない。
そこで行き着いたのがツァイスって訳だ。
マクロが付かないプラナーがとてもお手頃だったのに驚いた。
お手頃とか言ってるけど、それでも普通に考えれば高いから。感覚がねおかしいの僕。
撒き餌レンズは嫌と言っときながら、ツァイスの撒き餌レンズにまんまとハマってしまった(笑)

しかし使ってみるとやはりツァイスはすごい。
プラナー使うとボケとか写りの柔らかさがなんとも言えない味がでる。

IMG_9494

1段2段絞った方がシャープに写って良いとか言われるけど、そんなんどーでもいいの。
ボケ最高!!であれば。
プラナー使えばちょっとピントが外れててもいい感じに思えたりするから、やばい。
自分がうまくなったと勘違いしちゃうレベル。
ま。うまいんですけどね。

ディスタゴンなんてねほんとすごい。
超広角ってコレか!!って思わせてくれる。

0L1A8738

手に入れたときはちょっと手にあまるレンズかもしれないって思ってたけど
無理やり使っていくうちに、風景もよし、街中のスナップに良し、室内でも良しなオールマイティーなレンズでした。
1つ欠点を挙げるとしたら、くそ重たいってこと(笑)

ツァイスは最近ラインナップが変わって、僕が所有してるレンズたちが生産終了になってしまった。
今思うとマクロプラナーも欲しいなーとか思ったり(笑)

とりあえずプラナー50mmとディスダゴン21mmの写りに大満足してるので、
今のところレンズ欲が抑えられてるのが良いですね(笑)


Share

Carl Zeiss Distagon T*2.8 21 ZE

3月末に『広角単焦点レンズが欲しい!!』なんてエントリーを書いた。
書いてる時点では24mmあたりが候補だったのだが実際買ったのは違った。

0L1A3405
今や私の代名詞となったCarl Zeiss Planar T*1.4/50 ZE。
最近はコレ1本でなんでも撮ってきた。

0L1A3407
そして今回購入したのがこちら。

0L1A3409
Carl Zeiss Distagon T*2.8 21 ZE。レンズ径82mmのどでかいレンズ。

0L1A3410
プラナーとくらべると大きさが一目瞭然。

このDistagon T*2.8 21を買った理由は、広角単焦点であることと歪まないということ。
HPにも書かれてるが「歪みほぼゼロ」これにヤラれた(笑)
そして、益々ツァイスおじさんになっていった(笑)

ほかの画角のレンズと撮り比べてるわけじゃないからアレだけど、十分画角の広さがわかると思う写真をいくつか。

0L1A1333

0L1A1343

0L1A1344

0L1A1357

0L1A2159

0L1A3321

0L1A3393

すごくね?(笑)

このDistagonで思い描くレンズ構成になったのでしばらくはレンズ沼から抜け出せそうです。
いつまで持つかわからないけど(笑)


Share

Home > Tags > Carl Zeiss

Search
Feeds
Meta
カウンター
カウンター
2001.06.19 open
zenback
あわせて読みたい
あわせて読みたい
Last-fm

Return to page top