Home > Tags > nakamulab

nakamulab

nakamulab的宙玉レンズ写りの違い。

前記事の続き。

nakamulab的宙玉レンズを作るのに参考にした本家宙玉レンズのHPはコチラ
http://www.soratama.org/index.html
一眼レフカメラを使用して、アクリル板が透明度をだしててとてもキレイですよね。

nakamulab的宙玉レンズはちょっと雰囲気が違います。
アプリで加工してるってのもありますが、
プラ板を使ってるので背景がちょっと磨りガラスっぽくなってます。

ちょっと分かりづらいと思いますが作例を。

フイルムケースをカットしないで20mmのアクリル玉を使った場合。

周りが黒い部分はフイルムケース。
真ん中にデン!と玉が浮いてる。
出来たときは嬉しかったです!
そしてハマっていきました(笑)

次。
カットしたフイルムケースに15mmの玉を付けたバージョン。

玉が小さくなった分、浮遊感が増えました。
何人かにプレゼントしたのはこのタイプ。

これがベスト!と思ってたんですが、
ケラレた部分をなくしたいと試行錯誤して、作ったのがプリンのケースを使ってつくったヤツ。

一番右端のヤツね。
これだと出口がでかくなるのでさらに浮遊してる感じになる。

ね?
ちょっとセンターがずれてるのはご愛嬌ってことで(笑)
ちなみに、宙玉レンズで撮影すると玉に写る部分が上下左右が逆になります。
それをアプリで180°ひっくり返してます。

とにかく試行錯誤して作ってみるのが楽しいと思いますので、
前に記事とあわせて参考に作ってみてくださいな!


Share

nakamulab的宙玉レンズ作成。

ちなみに、宙玉レンズと書いてそらたまれんずと読む。
実験写真家上原ゼンジさんが考案したものを、
アレンジしてiPhone用にしたのがnakamulab宙玉レンズ。
上原ゼンジさんのHPはこちら
ZeN Labo

まず、用意するもの。

フイルムケース、アクリル玉、プラ板。あと、セロテープ、両面テープ、カッターなど。

アクリル玉も20mmと15mmがありますがどちらでも良いです。


胴体の部分はフイルムケース。
20mmの玉ならそのままで、15mmなら3.5mmくらいにカットします。
黒いのがそのまま、真ん中の小さいのがカットしたもの。

でも、素材はなんでもアリです。

がちゃがちゃのケースや、プリンのケースなど。

あと肝心な物がコレ。

イザワオプト製広角&マクロレンズ KSW-2。
これがiPhoneで宙玉レンズを使う鍵になります。
イザワオプトさんにはお世話になってて、KSW-2の他にも、
KSW-4やKSW-3、KF-1など購入させてもらってます。
HPはコチラ
http://www.izawaopt.co.jp/

このレンズKSW-2、なんと2つに分かれるのです。

その分かれた小さい方のマクロレンズだけ使うという特殊な考えなんです(笑)

フイルムケースの径にあわせてプラ板を切って、真ん中にはアクリル玉を取り付ける穴を空けます。

こんな感じ。

フイルムケースのお尻にも穴をあけます。
そこにレンズがハマりますので現物あわせでカットするのがいいと思います。
キツすぎず緩すぎずです。
で、それぞれのパーツをセロテープや両面テープでくっつけて完成。

iPhoneに取り付けるとこんな感じ。

画面がちゃんと玉のように写ってるでしょ?

フイルムケース以外はハンズで手に入ります。
フイルムケースは街のDEP屋さんに声をかけてみるとくれる場合がありますよ。

ちょっと長くなったので写り等の解説は次回に。


Share

Home > Tags > nakamulab

Search
Feeds
Meta
カウンター
カウンター
2001.06.19 open
zenback
あわせて読みたい
あわせて読みたい
Last-fm

Return to page top