Home > Tags > OLYMPUS PEN

OLYMPUS PEN

OLYMPUS PEN

Untitled

オリンパスペン(1959)
オリンパスペン初代機は、昭和34年(1959年)に登場しました。
「6,000円で売るカメラ」をコンセプトに設計を開始し、それを実現したオリンパスペン。
Dズイコーレンズの優れた描写力と携行性の良さを兼ね備えたオリンパスペンは、プロカメラマンのサブカメラとしても重用されました。

掘り出し物、第二弾。

500円で購入した割には綺麗。
Untitled
目立った傷とかもない。

Untitled
持ってたPEN EESと。

PENはハーフカメラと言ってフィルムの1コマを半分使って写すカメラ。
だから、現像すると一枚の写真に2つ撮影されている。
Untitled
こんな感じね。コレは前にPEN EESで撮ったもの。
必然的に縦長の写真が撮れる。
この縦の雰囲気がiPhoneなどの電話で撮った縦主流の感じに似てるなぁなんて思う。
しかもハーフなので24枚撮りフィルムだと48枚撮れる。36枚撮りだと72枚とかなりお得になる!

とりあえず中を開けてみる。
Untitled
問題はなさそうだったんだけど、実はこのシャッター幕の動きが渋く開きっぱなしになってて、やはり500円で完動品はムリだったかと落胆したんだけど、
なんどかシャッターをきって、綿棒でちょいちょいいじってたら閉まるようになった!!
うひょー!!使えるようになった!!!!ラッキー!!!!!

Untitled
さすがにモルトはぼろぼろになってて要交換って感じですね。

Untitled
ちっこいクセにマニュアルなレンズ。
レンズにフィルターが付いてたおかげで、レンズ自体はとても状態が良い。カビもナッシング!!

Untitled
長四角な部分がシャッターボタン。

初期のモデルは横方向にスジが入っている

とwikipediaに書いてあったので、このPENは初期モデルっぽいね。

ハーフカメラはちっこくて持ち歩き易いのが良いところ。
しかも、1本のフィルムで沢山撮れるからスナップにぴったりなんですよね!!
持ってるPEN EESはわりとバカチョンな感じだったけど、こっちはマニュアルなのでちょっと楽しめそう!
バルブ撮影も出来るみたいだし!!

フィルム買わねば!!

OLYMPUSのPENのページ
http://www.olympus.co.jp/jp/corc/history/camera/pen.cfm

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/オリンパス・ペン


Share

掘り出した。

仕事帰りふらーっと隣の市まで自転車を走らせる。
天丼を食べにいったのだが、ご飯がないってことで断念。
他の店でハンバーグを食べビックカメラをうろつき帰路へ。

あ。ちょっと遠回りして中古ショップに行こう!と思い付いたので向かう。

Untitled
ここね。 

店内をうろつくも欲しい物がなにもなく、ヱヴァンゲリヲン?のフィギュアでも買って帰るかと思ってた所こんなのを見つける。
Untitled
Windowsモバイルのスマートフォン。
え?!新品で2,980円なら買いじゃね?とiPhoneでこのスマートフォンの事を調べるもあまり面白い情報を見つけられず。
どーすっかなーとふと棚をみたら、ロモグラフィーのフィッシュアイ2を発見!
Untitled
980円!?買いでしょ!!!!!

あれ?これは?
Untitled
デカい箱に一眼レフカメラがくくり付けられていた。
カメラにはASAHI PENTAXと書いてある。
1,000円の値札も。

うーん…..となやんでカゴから取り出すと、カゴのそこにPENが!
Untitled
ちょwww 500円ってwww 即買いでしょ!!!

ASAHI PENTAXも欲しいけど箱がデカくて持って帰りにくいなーっと悩んでいた。
このお店から自宅まで約40分ほど自転車をこがなければならなかったから。
で、ツイッターでいろいろ報告してたらフォロワーさんが、『掘り出し物はタイミング』とリプライしてくれたので購入決定(笑)

3つで2,600円ちょっと(笑)

Untitled
こんな感じにリアキャリアに括り付けて帰った(笑)
1週間まえにドロよけをキャリアに換えといたのが役立った(笑)


Share

Home > Tags > OLYMPUS PEN

Search
Feeds
Meta
カウンター
カウンター
2001.06.19 open
zenback
あわせて読みたい
あわせて読みたい
Last-fm

Return to page top