Home > Tags > ReaLine Insole Sports

ReaLine Insole Sports

靴の中敷はReaLine(リアライン)で決まり!!

最近疲れが足というか踵にくることが多く悩んでました。

IMG_3642
仕事で2万歩以上歩いてたり、

IMG_3641
仕事で85階相当登ったり、

IMG_3640
休日でもちょっと写真取りに行けば1万7千歩あるいたり。

そうするととても踵が痛くなるのです。左の踵が痛くなることが多いかな。
歩き方を考えたりダイエットとか靴のサイズを見直したりとか策はいくつかあるとは思うのですが、
一番手っ取り早いのが中敷を変えることだと思いました。
あと、足の裏をみると扁平足ぎみなのかと思ったり。

とりあえずソルボセインって衝撃吸収の優れた素材の中敷を買ったのですがあまり変化を感じられず。
うーんと悩んでいたら友人がこれにしてみたら?と教えてくれたのがReaLine Insole Sportsです。
話によると友達のプロボーダーたちがインソールのスポンサーをやめて自費でこれに変えてるほどだと。
友人も山靴買うときにリアラインをもって行って試し履きしてると言ってました。

0L1A0146
あまり飾りっ気のない箱。

箱に

リアライン・インソールは、アスリートのリハビリテーションから生まれたインソールです。
足の立体的なアーチをサポートし、足の歪みを整えるように設計されています。
リアライン・インソール・スポーツは、数多くのトップアスリートが愛用する高機能インソールです。
誰の足にも無理なくフィットし、立体的な足のアーチを整え、足の裏が地面に吸い付くように安定します。
ストップ動作などでつま先を安定させるトウサポート(透明)が付属しています。

と書いてあります。

0L1A0148
割と立体的な作りでしっかりしてる。

0L1A0153
つま先の方は平らだけど土踏まずや踵の部分はとても立体的になってます。

0L1A0149
特徴的なのは裏側。穴が空いてます。

0L1A0150
そこの穴にこのアーチパッドを取り付けます。
赤、青、黒とありそれぞれ硬さが違います。最初は1番柔らかい赤を使うこと良いとマニュアルに書いてあります。

0L1A0151
わたしは赤→青と使ってきて最近は黒をつけてます。

0L1A0152
ちょっとハマりにくかったりしますけどこんな感じに。

0L1A0154
表だけでなく裏もこのパットはめるとかなりの凹凸に。

で使用した感想。
GW開けから使用してるのですがすこぶる調子が良いです。
最初の2、3日はなんとなく足裏を矯正してる感じがして膝にもうっすら違和感がありましたがすぐ慣れました。
リアラインの良さを文字でうまく表現できないんだけど、よくある土踏まずの部分が膨らんでるのではなく
足裏中心のちょい外側にアーチが来る感じで最初矯正感が強くなれないんだけど、
長く履いてるうちにしっかりサポートされてるって実感があり
悩んでいた踵の痛みもほとんどなくなり足全体の疲れも薄れてる気がします。

仕事用の靴に入れてたのですが普段履く靴にも採用したくなり今回2つめを購入しました。
約6千円と中敷にしては高いですが足って生きてく上でかなり重要な部分なのでこのくらいの投資してもいいかなって思います。
もし同じような悩みがある方はこれに変えてみてはいかがでしょう。


Share

Home > Tags > ReaLine Insole Sports

Search
Feeds
Meta
カウンター
カウンター
2001.06.19 open
zenback
あわせて読みたい
あわせて読みたい
Last-fm

Return to page top