Home > Linux

Linux Archive

アップグレード

しばらくというか最初からというか8.10で運用していたUbuntu。
べつになんの問題もなかったのだが、MacとiPhoneで愛用しているアプリの
ZumoCastにLinux版があるのを知ってアップグレードを決意した。

MacBook Proは電源ずーっと繋げて運用って訳にはいかないので、
Ubuntuに対応したのは嬉しいところ。

で、簡単に行くかと思ったら、
8.10→9.04→9.10→10.04LTSと順にアップグレードしてった。

ま、なんとか無事にアップグレードしたわけだが、
やはりグラフィックまわりが対応しきれてない模様。
グラボ入れたい所だが、Express5800/110Geはちょい特殊なので
すんなり合うグラボがないのよねー。
s70にしたいなー。

ってことで無事ZumoCastも認識しiPhoneで楽しむ事が出来てます。

こちらはサブ機だから少しくらいの不具合は目をつぶりますけどね。


Share

何で残すのかが問題だ。

iBook G4時代にせっせこと映画をmp4にDVDに3〜4本まとめておいた。
そして時は経ち。
大容量HDDが安価で買えるようになり、mp4よりisoの方が良いかと思いisoで残すようになる。
そして時は経ち。
iPhoneやiPadが出てくるようになり、そうなるとmp4の方が扱いやすいなぁと。

オイラのスタイルだと、大画面で見る事なんてほとんど無いだろうから、
片っ端からmp4にしたほうが良い気がした。
容量も押さえられるし。

で、DVDで残すよりHDDに保存した方がいいような気もしている。
なぜなら。
せっかく作ったメディアが読めないとうハプニングが起きているから(ToT)
妹の恋人、SPEED、パーフェクトストーム、バックドラフトが読めないのだ。
MBPがダメならUbuntuだ!と試すも、こちらも読めない…..

こういう事が起きているのでHDDに入れといた方が安心かなと。
バックアップも簡単だし。
って事で、またコツコツとエンコード作業していこうと思います。ハイ。


Share

サイマルラジオ。

先日、Twitterやエントリーでネットでラジオが聴けるように!と熱望してたら、
TOKYO FMのiPhoneアプリが出て興奮してたんですが、

大手民放ラジオ13社、ネット同時放送解禁へ

これは、久々に熱い話題です。

パソコンなどから「RADIKO(ラジコ)」のウェブサイトにアクセスすれば、無料で地上波と同じラジオ放送を聴けるようになる。ただし、アクセス元のIPアドレスから住所を類推する仕組みを用いて、当面は首都圏と大阪府の利用者に限定する。

って事なので、モバイル環境で聴く事は今の所難しそうです。
ですが、かなりの進歩。
Webブラウザーが動けば聴けるので、古いPCをラジオ代わりにするのも良いかもしれません。
写真をスライドショーさせながらラジオを流すなんて使い方もできますよ。

ラジオはモバイルで聴けてなんぼだと思うので、早く対応してほしいですね。


Share

起動せず。

このダイナブックちゃん貰ったのいつだろ。
貰ったときは98が載っかってたな確か。
XPにもしたけど全く使わず、1年ほど友人に貸したりして。
その後、LinuxをいくつかいれUbuntu7.04だっけな?に落ち着いたんだよね。

iBook G4がお亡くなりになってからは、メインマシンとしてでがんばってくれた。
そして、Linuxの良さを教えてくれたマシンだったな。
Express5800を買ってからは全く使わなくなっちゃったんだよな。
久々メンテしようと思ったら起動しなくなってた。

ごくろうさまです。

あーUbuntu用のラップトップ探さなきゃ。
中古の安いのでいいんだよね。
なんかあるかな。


Share

面白くなってきたような。

先日、

既存のTV局だけじゃなくパーソナルなTV局も沢山できたり。
Podcastが流行ったようにね。
UstreamやStickamみたいのがいっぱい出てくると面白いよね。

なんて書いた矢先に、ustream配信できるiPhoneアプリがリリースされました。
これで、一億総TV局時代がやってきました。

PCが普及して一億総クリエーター時代となり、今度はあらゆる人がTV局になれると言う訳です。
iPhoneという携帯電話があれば。(Android携帯でも出来るのかな。確か)
3Gでも問題ナッシングで配信できます。

これはすごい事だと思います。
PCの前で配信してたものが、外に飛び出せると言う訳です。
たとえば、結婚式や二次会などを配信。
来られない人がインターネットを通じて場のようすが判る。

たとえば、野外イベントを配信。
プロのイベントは無理ですが、個人的なイベントなら放送できるんじゃなかろか。
子供の運動会やお稽古ごとの発表会を配信して、田舎の爺さん婆さんにみせたり。

自転車のって中継やスノーボード中継、波乗り中継なんかも面白そう。
料理番組なんかもできちゃうね。
お家で3分間クッキングを配信(笑)

今までTVはごく一部の人たちが作ってたから、やり尽くした感があるけど
それ以上の人たちが番組を作れちゃうってことで、もっと面白い事ができるんじゃないかと期待しちゃう。
すげー職人がでてきて欲しい(笑)

オイラもちょいちょい配信してみようっと。


Share

変換変換。

.mkvのファイルをiPhoneで見れるようにmp4に変換。
が。
一筋縄ではいかなかった。

2つのmkvをmp4にしたかったのです。
片方はHandBrake(Linux)で簡単にmp4に出来た。
もう一方が曲者。
mp4に変換しても音が出ず。
映像のみ。

すげー悩んだ。

そして思いついた。
QuickTime+Perianでmkvを開き、wavに書き出す。
iMovie(6)で音なしmp4とwavを取り込む。
そしてiPod用に書き出す。
無事音ありmp4の出来上がり。
多少画は荒れるがiPhoneで見る分には問題ナッシング。

ふー大変だった。


Share

サウンド系。

ちょっと前からおかしい。
認識しなくなってきた。
うーん。

USBのサウンドアダプターがあるから一応音はでるのだが、ちょいと不便。
電源も何となく入りにくかったりもする。
1年経ってないのに。

やっぱ、24時間稼働させた方がいいのか?

ヒマみてOSの入れ替えと、掃除しよ。


Share

80GBが580GBに。

いい夢みようと奮闘したが、悪夢しか見れず。
しかたなので、普通に増設。

その際、フォーマットをext3でなくxfsにしてみた。
なにやら大容量のファイルが扱えるらしい。
250GBの外付けがFAT32かなんかにしちゃったもんで、
4GB以上のファイルが扱えず、すげー不便なんだよね。
だから、今回は大容量ファイルが扱えるようにしてみた。
250のデータもこっちに逃して、フォーマットしなおすか。

MacやWinと違いHDDの増設はちと面倒だったが、
何事も勉強なので頑張りました。

Express5800は4台までHDD増設出きるみたいなので、
残り2台は1TB×2で構築したいなぁ。

OSの調子悪いから、暇な時間にクリーンインストールしようっと。


Share

PCも直ったっぽい。

総合病院だから時間かかるとわかっていても、5時間もいるのはつらいね(笑)

また、OS再インストールかとビビったが、
ぐぐりまくって、なんとか復活。

sudo e2fsck -f -y -v /dev/sda1

とりあえず様子見です。


Share

上手くいったみたい。

なんだかんだと期待してなかったiBook Ubuntuのアップグレードですが、
なんだかんだで上手くいった模様。

ss21

無事でもないが、6.06から8.04LTSになり、使いやすさアップ。

FirefoxにGnashプラグインも入れたので、一応Flash系も表示されるものもある。
一応ってところがミソね。Youtubeは見れません。
表示ができませんってアラートがなくなっただけマシってところ。

こんな古いiBookでもばっちり動くMac OS Xも凄いが、Ubuntuもなかなかやるな。
PowerPC G3でもここまでやるとは。
800×600という画面サイズは今じゃちょっとキツいですな。

ss1

ネットするにも大変です(笑)


Share

Home > Linux

Search
Feeds
Meta
カウンター
カウンター
2001.06.19 open
zenback
あわせて読みたい
あわせて読みたい
Last-fm

Return to page top